不動産を買いたい人がとことん納得出来る情報を発するための取り組みについて センチュリー21興和不動産

不動産の購入を思い立った際に、何を基準に選んでいますか?
ほとんどの場合、チラシやインターネットなどの広告媒体を介して物件の情報を得て、それに対する問い合わせや資料請求をするケースが多いかと思います。
場合によってはオープンハウスや現場見学会など催しの情報を得て直接現地を見に行くこともあるのではないでしょうか?
しかしながら必ず買うと決めたわけでなく、情報収集の段階で不動産業者と接点を持つことに抵抗のあるお客様も少なくありません。
なので手軽に情報収集ができて、不動産業者との接点も自分のペースで作れるインターネットでの情報収集に比率が高くなってきている傾向にあります。
資料請求だけして場所だけ自分で下見して、良さそうであれば初めて不動産業者にコンタクトを取る意向のお客様も多いのが実状です。

しかし、ネットで得られる情報だけで十分な判断基準を形成することができるのでしょうか?
ネットに掲示された端的で薄い情報を元に自分なりの判断基準を形成した先にどうしても越えがたい壁があるかもしれません。

広告では物件の場所・広さ・価格のほか物件の概要情報と、間取と多少の画像でしかその様子を見てとることができません。折込チラシなどの紙媒体ならともかく、大手の不動産ポータルサイトの物件情報すらそのような状態です。 本当は物件の詳しい生の情報が欲しいはずなのに、
不動産ポータルサイトのキャッチコピーには業者が問い合わせを取るために「オプションプレゼント」や
「QUOカードプレゼント」など自分の都合で記載したキャンペーン情報ばかりが目立ちます。
情報の量は多いのですが、お客様にとって価値のある情報が少ないのが現状です。
乏しい情報の中から、なんとなく興味がある物件に問い合わせをし、
自分で掘り下げて検討に値する物件かどうかを追求する作業を強いられます。

私たちは「お客様にとって本当に価値ある情報をお届けできれば、お客様の利益になる」と考えます。
だからこそ、私たちは自社のホームページでお客様にとって価値ある情報を届けることができるように
物件の情報を余すことなくお伝えできるようにいたしました。

PCやスマホで現地に行くことなく現地の状況が見て取れるバーチャルオープンハウスを開催いたします。
「わざわざ現地見に行ったのになんか違った」なんてことの無いように、事前に興和不動産のホームページで現場の状況が確認できます。
SUUMOやアットホームで見かけた気になる物件の現場の状況を予習して、ピンポイントで現地内覧に行くことができます。
さらに他社のサイトなどで見つけた物件でもリクエストください。
弊社で調査したうえで配信可能物件であればリクエストにお応えしてアップします。
気になる物件の立ち位置でまわりの状況が上下左右全方向ご覧いただける“360°パノラマ画像”と
静止画では伝わらない現地の雰囲気まで伝えられる“物件紹介動画”でお客様にご満足いただける物件情報をご提供いたします

不動産は二つと同じものがありません。
それぞれに特徴や個性があります。
売りに出た理由や物件ごとの由来と背景がそれぞれあります。
物件をお探しのお客さまにもそれぞれ動機ときっかけがあるハズです。
情報を深掘りしてクローズアップした物件のストーリーをお客様のニーズにダイレクトに伝えるのが“興和セレクション”の目的です。
場所・価格・大きさ・図面・画像だけで物件に興味を持てますか?
チラシやSUUMO・アットホームなど不動産ポータルサイトでは伝えきれない物件それぞれのストーリーをお客様にお伝えします。

誰しも人生で大きな買い物をする際に失敗はしたくないと考えます。
その際、より多くの情報を吟味して、購入すべき物件を決定したいと思っても、情報弱者を食い物にするような営業形態がいまだ根強く不動産業界には残っているのも実情です。
興和不動産はお客様の側に立って求められる情報を積極的に開示し、お客様が自らの確かな判断によりお住まいを選んでいただけるように努めてまいります。